マレーシアのトイレ事情。トイレットペーパーがないってホント?

基本情報

マレーシアに旅行するとなって、心配なことのひとつがトイレではないでしょうか?「水洗じゃないと、イヤだな」とか、「汚いトイレだと困るな」という方は少なくないでしょう。そんな方のために、マレーシアのトイレ事情についてお伝えします。旅行前に知っておくと、心の準備もできるのでおすすめです。

マレーシアのトイレは水洗式が主流

基本的に、マレーシアのトイレは水洗式です。なので、ショッピングモールや空港、観光地のトイレを使う場合は、そんなに不便な思いをすることはありません。家庭のトイレでも水洗式が主流ですので、かなりの田舎に行って、一般家庭のトイレを借りる場合以外は、トイレで困ることはないでしょう。

トイレには、イスラム式タイプと洋式タイプとがあります。イスラム式タイプは、和式トイレと同じようなもので、便座がなく、しゃがむタイプのもの。

和式トイレと違うのはしゃがむ向き。和式トイレの場合は、ドアに背を向けてしゃがみますが、イスラム式の場合は壁に背を向けてしゃがみます。

トイレが壊れていることが多い

マレーシアでは水洗式トイレが一般的ですが、よくある問題がトイレのレバーを回しても水が流れないということ。ちょっとしたショッピングセンターのトイレでは、そういうことがあります。

この場合、トイレの個室に大きなバケツが用意してあって、それに水を溜めて流すようになっているので、手動で水を流しましょう。比較的新しいお店でも、トイレが流れないということはあるので、注意してください。

トイレは清潔?事情は設置場所によって異なる

トイレのマーク

日本では汚いトイレは、そんなに見なくなりました。しかし、残念ながらマレーシアでは汚いトイレが存在します。

トイレが清潔かどうかは、設置場所によって異なりますので、旅行時にはあらかじめ行く場所のトイレ事情を確かめておいたほうが安心です。トイレの設置場所別に、清潔さを5段階で評価しました。(ただし、日本基準ではなくマレーシア基準ですので、悪しからず)

■空港 ★★★★☆

■ショッピングモール ★★★★☆

■スーパーマーケット ★★★☆☆

■バスターミナル ★★★☆☆

■高速道路のサービスエリア ★★★☆☆

■レストラン ★★★☆☆

■コーヒーショップ ★★☆☆☆(場所によっては★☆☆☆☆のところも)

■ホテル ★★★★★

空港やショッピングモールなどは、比較的問題なく使えます。ただし、日本のトイレと違って、マレーシアの場合は床がビショビショというところがほとんどなので、そこは覚悟しておくようにおすすめします。

食事をする場所だと、レストランの場合はだいだい大丈夫ですが、安く食事ができるコーヒーショップなどは、汚いところもあるので注意してください。とくに中華系のコーヒーショップの場合は、驚くほど汚いところも!

店内が清潔感のあるところだと、トイレも掃除してあるとことがほとんどですが、ちょっと不潔なお店だとトイレも期待できないと思っておきましょう。

観光中などに、どうしてもキレイなトイレを使いたいという場合は、ホテルのロビーのトイレを借りることができます。しかし、マレーシアではトイレの入り口のドアにカギがかかっていて、自由に使えないようにしてあるところも少なくありません。

なので、ショッピングモールなどのトイレを使用するのが無難といえそうです。

公共のトイレは有料の場所もある

日本の公共のトイレのほとんどは無料で使えますが、マレーシアのトイレは有料のところもあります。

例を挙げると、ショッピングモールの中のトイレ、バスターミナルや公園などのトイレは、有料のところもあります。有料の場合は、トイレの入り口のそばにお金を集める人が座っているので、そこでいくらか聞いて、言われた額を支払います。

場所によって料金は異なりますが、だいたい20センくらいが目安です。

トイレにはトイレットペーパーがないことも多い

日本人がマレーシアに観光で来て驚くことのひとつが、トイレットペーパーが置いてないということ。

中級以上のホテルや高級レストラン、空港などでは置いてあることがほとんどですが、そうでない場合は置いてないことも多々あるので、ポケットティッシュを携帯しましょう。わたしも外出時は、余分にポケットティッシュを持ち歩くようにしています。

場所によっては、トイレの入り口付近にロールペーパー(手を洗った後に拭くためのペーパー)が用意されているので、そこから使う分だけを取って、トイレに入ることも。これはマレーシアの人もやっている方法です。

トイレットペーパーがない

マレーシアの人はペーパーなしでも大丈夫

マレーシアのトイレにトイレットペーパーがない理由としては、マレーシア人の多くがペーパーなしでも平気ということが挙げられます。

マレーシアのトイレには洗浄用のホースが設置されていて、用を足した後は水で洗い流せるようになっています。手動式のウォシュレットのような感じです。

わたしはまだ試したことはないのですが、マレーシア人の多くは、用を足した後はティッシュで拭かずに蛇口をひねって、水でシャーッと流して終わりの様子。その後は、自然乾燥なのだそうです。

ホースでシャーッとやってしまうせいで、床はビショビショ。便座もビショビショ。便座と便座周りはビショビショですが、用を足した人からすると、キレイに洗い流せてスッキリという感じでしょうか。

このようなトイレ事情から、マレーシアではほとんどの場所でトイレの床がビショビショだと覚悟しておいてください。

マレーシアのトイレ まとめ

マレーシアのトイレは、水洗式が主流です。とはいえ、清潔かどうかは、トイレの設置場所によって異なります。観光客が利用する場所の多くは、比較的清潔なところが多いですが、街中のコーヒーショップの中には汚いところもあるので注意してください。また、マレーシアではトイレットペーパーが置いていないところが多いので、外出時にはポケットティッシュを携帯するようにおすすめします。

コメント