マレーシアの公用語はマレー語!英語などほかの言語も通じる?

世界の挨拶基本情報

マレーシアへ行く前に知っておきたいことのひとつが、使われている言語です。公用語はマレー語ですが、多民族国家のマレーシアは、マレー語以外の言語も通じます。今回は、マレーシアへの旅行やロングステイを計画している方のために、マレーシアではどんな言語が話されているのか、英語だけでも不自由なく滞在できるのか解説します!

世界の挨拶

マレーシアの言語事情を解説

マレーシアの公用語は、マレー語です。なので、マレーシア人のほとんどは、マレー語を話すことができます。

マレー語を「話します」ではなく、「話すことができます」というのは、すべてのマレーシア人が普段の会話でマレー語を使っているわけではないからです。子ども達は学校でマレー語を学ぶものの、家での会話は別の言語ということが少なくありません。

マレーシアは多民族国家です。大きくマレー系、中国系、インド系の3つの民族に分けられます。そのため、マレー語だけでなく、中国語やタミール語といった言語を話す人も多くいます。また、以前はイギリスの植民地であったことの名残から、英語を話す人も少なくありません。

このような事情から、公共エリアの案内は、マレー語、英語、中国語、タミール語の4つの言語で書いてあることがしばしばみられます。

西マレーシアは英語オンリーでOK

首都クアラルンプール

マレーシアは、マレー語が公用語とはいえ、首都クアラルンプールがある西マレーシアでは、英語オンリーでも問題はありません。公共エリアの案内板は、ほとんどが英語で記載されているので、マレー語ができなくて不便を感じるということはないでしょう。

実際、クアラルンプールやジョホールバルといった大都市では、中国系やインド系の人達も英語を好んで使う人が多くいます。英語さえ使うことができれば、現地の人達とコミュニケーションを取るのも不自由しないはずです。

アジアのほかの国と比べると、英語が通じるマレーシアは、かなり旅行がしやすい国といえるでしょう。

東マレーシアも観光地では英語オンリーで問題ない

キナバル山(サバ州)

同じマレーシアでも、東マレーシア(ボルネオ島)では事情が少し異なり、マレー語が主流です。

東マレーシアには、西マレーシアとは違った民族の人達が住んでいます。例えば、サバ州だとカダザン族とドゥスン族、サラワク州だとイバン族、ビダユ族、メラナウ族といった民族が多く生活しています。そのため、それぞれの民族が、マレー語プラス自分の民族の言語を話していることが少なくありません。

とはいえ、レストランや観光地では英語を話せる人が多くいるので、観光目的で滞在する場合は、英語オンリーでも問題ありません。また、オフィスで働いている人の多くも英語が話せるので、東マレーシアで生活するとしても、英語が話せれば、大きな不便は感じないでしょう。

でも、マレー語を使って話すと、喜ばれることは間違いなしです。なので、東マレーシアを訪れる機会があるのであれば、簡単なマレー語を覚えておくと良いでしょう。

観光地で使える簡単なマレー語を覚えよう!

マレーシアは英語が話せれば、不便なく滞在できる国です。でも、あいさつなどの簡単なマレー語を話せると、マレーシアの人達と仲良くなるきっかけにつながるので、ぜひ簡単なマレー語を覚えておくようにおすすめします!

マレー語のあいさつ(朝・昼・晩)

簡単なマレー語のあいさつを覚えておくと、ホテルやレストランでの食事などの機会に使うことができますよ。

マレー語は、日本人にとって比較的簡単に発音できる言語なので、ぜひ使ってみてください。

日本語 マレー語
おはよう Selamat pagi.(スラマッ パギ)
こんにちは(正午) Selamat tengah hari.(スラマッ トゥンガハリ)
こんにちは(午後) Selamat petang.(スラマッ プタン)
こんばんは/おやすみ Selamat malam.(スラマッ マラム)

「こんにちは」は2種類あります。お昼の12時くらいから午後2時くらいまでが「Selamat tengah hari. (スラマッ トゥンガハリ)」。午後の2時くらいから夕方までが「Selamat petang.(スラマッ プタン)」です。

ここは、何時から何時までとは厳密には決まっていないので、午後1時過ぎに「Selamat petang.(スラマッ プタン)」と言っても全然問題ありません。日本人の「“おはよう”は何時まで?」という問いに、意見が分かれるのと同じような感じです。

覚えておくと便利な簡単なあいさつ

朝昼晩のあいさつに加えて覚えておきたい、簡単なあいさつをご紹介します。

日本語 マレー語
ありがとう。 Terima kasih.(トゥリマ カセ)
どういたしまして。 Sama sama.(サマ サマ)
元気ですか? Apa khabar?(アパ カバー)
元気です。 Khabar baik(カバー バイッ)
さようなら。(見送る側) Selamat jalan.(スラマッ ジャラン)
さようなら。(去る側) Selamat tinggal(スラマッ ティンガル)
またね! Jumpa lagi.(ジュンパ ラギ)

これくらいまで話せると、マレーシア滞在をかなり楽しめるはずです。

あいさつを覚えるのがおすすめな理由

笑顔のイスラム女性たち

英語が通じるマレーシアの人達ですが、日本人がマレー語で話しかけると、すごく喜んでくれます。外国人がマレーシアの公用語であるマレー語を話してくれるというのは、それだけマレーシアに関心を持っているという証拠になるからでしょう。

実際、マレーシアの人の多くは、こちらが日本人だと分かると、「こんにちは!」とか「ありがとう」と言ってくれます。そのように日本語を使ってあいさつすることで、日本人に喜んでもらいたいという気持ちがあるからだと思います。

なので、その国の人の言語であいさつするというのは、簡単にできて相手の人に喜んでもらえるひとつの方法。マレーシア滞在期間中には、ぜひマレー語を使ってみましょう!

まとめ

他民族が暮らしているマレーシアでは、いろんな言語が飛び交っています。公用語はマレー語ですが、英語を話す人も多いので、英語を話すことができれば、マレーシアでの旅行・ロングステイでは、不便を感じることはほぼないでしょう。

とはいえ、せっかくマレーシアに滞在するのなら、簡単なマレー語を覚えておくのがおすすめです。そうすることで、現地の人とのちょっとした交友を楽しむ機会も訪れるかもしれません。

コメント