マレーシアで仕事をするのに必要な英語力

英語学習

海外で働きたい。・・・そんな人が働き先として候補に入れる国のひとつがマレーシアです。マレーシアが選ばれる理由のひとつが、英語が通じるということ。しかも、英語圏の国のような高い英語力は求められなさそうというイメージがあることから、「マレーシアならいけそう!」と考える人は少なくありません。実際はどうなのでしょうか?ここでは、マレーシアで仕事をするのに必要とされる英語力はどれくらいなのか解説していきます。

そもそもマレーシアでの就職に英語は必要? 

結論から言うと、マレーシアで仕事をしたいなら、ある程度の英語力は求められます

もちろん、マレーシアの日本人を対象とした求人情報のなかには、「英語話せなくてもOK!」というものもあります。日本人相手のコールセンターなどで働く場合は、日本語さえできれば雇ってもらえることも少なくありません。

とはいえ、そのような求人情報はかなり限られています。マレーシアで現地の人に交じって働く場合は、コミュニケーションの手段として英語が必要です。

マレーシアで生活するためにも英語は必須 

仮に日本語オンリーでOKの仕事に就けたとしても、職場から外に出ると日本語オンリーというわけにはいきません。住まいの契約、携帯電話の契約、銀行口座解説の手続きやショッピングなどは、英語を使って行う必要があります。

ほかの人の助けを借りて、どうにか手続きができたとしても、日本と違って海外での生活は思わぬトラブルが起きることもしばしば。いつも誰かが助けることのできる状態にあるとは限りませんから、英語を使うことができないと、マレーシアでの生活は不便になることでしょう。

マレーシアで働くために求められる英語力 

どの分野で働くかで異なるものの、マレーシアで仕事をするためには、日常会話レベル以上の英語力が求められることが少なくありません。

なので、これからマレーシアで働くことを考えているなら、まずは日常会話レベル以上の英語力を身につけるように頑張ってみましょう

日常会話レベル以上の英語力とは? 

日常会話レベル以上の英語力とは、ただ単に英語であいさつができる、英語で話しかけられたときにYes、Noで答えることができるといったレベルの英語力のことではありません。

英語で問題なく会話ができるレベルです。何か質問されたときに何度も聞き返したり、意見を求められたときに答えられなかったりするようであれば、日常会話レベルには達していないと判断しましょう。

とはいえ、日常会話レベルの英語力に求められるのは、完璧な英語ではないので安心してください。ある程度、文法は間違っていたとしても、自分の言いたいことを伝えられて、相手の言っていることを理解できるようであれば問題ありません。

ビジネスレベルの英語が話せると、仕事の選択肢が広がる 

日常会話レベル以上の英語力があれば、マレーシアでの仕事も無理ではないとはいえ、英語力が高ければ仕事の選択肢は大きく広がります

ビジネスレベルの英語力があれば、どんな相手との英語でのコミュニケーションにも問題がないということ。そのため、社内だけでなく社外の人達とも積極的にコミュニケーションを取ることができるポジションに就くことも可能です。

日系企業に限らず、外資系企業への就職も可能でしょう。

希望の職に就けるかどうかは、英語力の高さに左右される部分も多いので、マレーシアで働くことを考えているなら、英語の勉強を頑張っておくようにおすすめします。

因みにビジネスレベルの英語力とは、TOEICなら700点以上が目安です。英語での読み書き、コミュニケーションがネイティブ並みにスムーズにできるようなら、ビジネスレベルということができます。

マレーシアで働くなら英語ができることが大切 

マレーシアで仕事をしたいなら、日常会話レベルくらいの英語は話せるように準備しておきましょう

日本語オンリーで働ける職場はあるとはいえ、マレーシアで生活するということを考えると、ある程度の英語力は身につけておきたいもの。

マレーシアに行ったら、そのうち英語はペラペラになるだろうと思っていると、厳しい現実が待っていることになるので注意してください。

日本にいて英語を習得する方法

日本ですでに仕事をしていたりすると、英語を勉強するのは難しく感じますよね。また、英語を使う環境にないため、なかなかモチベーションを保つのも難しく感じる人も少なくないのではないでしょうか。

英語を苦労して勉強した1人としてアドバイスさせてもらうと、楽しい勉強法を見つけるのがおすすめです。最近は、英語の勉強のためのアプリなどがあるので、そういうものを利用すると楽しく学べると思います。

厚い文法本だと、なかなか勉強する気持ちにならないこともあるので、〇月〇日までにここをやるという風に細かく期限を定めて、計画どおりに勉強するのがおすすめです。

さらに、映画や音楽などを通じて英語に触れる機会を増やすこともできるでしょう。

ちょっとした隙間時間などを使ってコツコツと勉強すれば、やがては英語を理解できるようになるはずです。

英語が理解できるようになったら、今度は話す練習をしましょう。独り言でブツブツ言うのも良いですが、それだとちゃんと話せているのか判断しにくいですよね?

おすすめなのが、オンライン英会話を使って学ぶこと。オンライン英会話は、会話型の英語学習法なので、話す練習をすることができますよ。

講師に発音練習や発音矯正をやってもらえるのが、オンライン英会話のメリットです。自分の好きな時間に学べるので、仕事をしていて忙しいという人でも隙間時間を使って学ぶことができます。

マレーシアで仕事することを考えているなら、できるだけ英語力をつけて就職活動をするようにおすすめします。

まとめ

マレーシアで仕事をするなら、英語を使う仕事かどうかに関わりなく、最低限の英語力を身につけておきましょう。英語力が仕事の選択範囲を左右するので、できるだけ高いレベルの英語を身につけるのを目標にしたいもの。

まずは日常会話レベル以上の英語力を身につけるのを目標にしてみてください。そして、目指せるようならビジネスレベルの英語力。もしくは、日常会話レベル以上の英語で取りあえずマレーシアにある企業に就職し、その後英語力を磨いて転職というのも可能ですよ。頑張ってください!

コメント